jp STAFF’s diary

サービスオフィススタッフのゆるいブログ

【コラム】仕事中のBGMを上手に活用して効率UP!

 

心地よいBGMが流れているオフィスに足を運ぶと、和やかで居心地がよさそうだなと感じたことはありませんか?

 

オフィスによっては営業時間中はずっと、かすかに聞こえる程度の音量で音楽を流しているところもあります。たいていは静かなヒーリングミュージックやクラシック音楽ですが、ときにはアップテンポのBGMが流れていることもあって、ちょっと楽しそう。

 

BGMが流れているオフィスには、「カッコいい」とか「仕事がはかどりそう」というプラスイメージを持つ人もいるようです。実際にBGMを耳にしながら仕事をしている人からは、「集中力を保ちやすい」「作業効率があがった気がする」といった声も。

 

けれども最近の研究で、BGMが流れている環境で仕事をすることは必ずしもプラスにならないことがわかったそうです。

 

f:id:jpSTAFF:20180104215034j:plain

 

仕事中に音楽を聴くと創造力が低下し、記憶力や作業効率も下がるという実験結果

BGMがもたらす仕事(作業)への影響について、過去に英国のウェールズ大学やグラスゴーカレドニアン大学が実験を行っています。

 

その結果、アップテンポの音楽でもスローモードな音楽でも、仕事中に流すと脳への負担が増すことがわかりました。創造力や記憶力は下がり、また単純な作業であっても効率が下がるという結果が出たそうです。

 

これは自分が好きな音楽や環境音を流した場合でも同様で、結局はBGMを流さずに仕事をしたほうが集中できるということです。どうしても脳が音楽を聴くことに作業領域を使ってしまうので、残った領域で仕事をこなさなければならない、というのがその理由。確かに目の前の仕事に100%集中しているときと、ながら仕事でこなそうとするときでは効率に差が出るのは当然だろうと納得できますよね。


上手に使えばBGMは仕事にプラス効果をもたらします

それではBGMは仕事に悪い影響しかもたらさないのかというと、そんなことはないようです。

 

好きな音楽を聴くと、脳内ではドーパミンが大量に分泌されることがわかっています。ドーパミンは好きな音楽を聴いたときのほかに、おいしいものを食べたときにも分泌される物質。意欲、モチベーション、記憶力などに影響して、集中力や作業効率を高めてくれます。

 

f:id:jpSTAFF:20170922113254j:plain

 

反対にドーパミンが欠乏すると、意欲低下、疲労感、睡眠障害、記憶障害などをもたらします。うつ病や総合失調症につながることも‌あるそうですから、元気に働くためには欠かせない大切な物質といえます。

 

そこでおすすめなのが、仕事中にBGMを上手に使って意識的にドーパミンを分泌させるという自己管理法。ちょっと気が滅入りそうな複雑な仕事や、気合を入れてのぞみたい仕事の前に、好きな音楽を10~15分程度聴いておくのです。

 

そうすることで、「いつも仕事の進め方が的確で処理能力が高い人」になれるかもしれません。


メリハリをつけてBGMを効果的に流す企業も

BGMが人の脳や仕事効率に与える影響を考慮して、オフィス内でBGMを効果的に流す企業もあります。

 

始業時刻前の1時間、ランチタイムの1時間、そして18時からの1時間など、決まった時間帯だけBGMを流すのです。その場合、流す音楽の選曲もよく考えこまれています。たとえば、始業前とランチタイムは心が落ちつくスローテンポの音楽。けれど夕方18時に流れる音楽はアップテンポな音楽だったり、少し音量が大きくなったりします。

 

長時間労働をさせたくないという企業側の工夫で、なんとなく落ち着かないBGMをわざと流して早帰りを促すねらいがあるそうです。


BGMを意図的にそして効果的に使えば、一日の時間の使い方にメリハリをつけられそうですね。よりよいワークライフバランス実現のために、BGMを活用してみてはいかがでしょうか。

 

こちらの情報も合わせてチェック!オフィス探しのサイトならコレ!「サービスオフィス.JP」

都心一等地の駅近オフィスを中心に紹介している「サービスオフィス.JP」では、様々なタイプの高品質オフィスを紹介しています。しっかりとした本社機能としてはもちろん、支店・営業所・サテライトオフィスとしても活用できます。オフィス探しの際は是非一度チェックしてみて下さい。

 
また、「このような条件のオフィスを探しているんだけど・・・」という方も是非お気軽にご相談下さい。(相談料や仲介手数料はかかりません)
サービスオフィスの運営経験のある専門スタッフが様々な要望に対応致します!

↓ ↓ ↓ ↓ 

>> サービスオフィス専門ポータル「サービスオフィス.JP」

>> サービスオフィスとは?