jp STAFF’s diary

サービスオフィススタッフのゆるいブログ

【コラム】いざ独立!でもその前に気を付けたい5つのコト

大企業の業績低迷などのニュースも見かける昨今ですが、年齢問わず会社を飛び出して独立される方を見かけることも多くなりました。


でもちょっと待ってください。何事も事前の準備と心構えが大事です。

今回は、独立の際に気を付けたい5つのコトについてまとめてみました。

 

f:id:jpSTAFF:20160617155214j:plain

 

①勤めていた企業や肩書に関係なくお仕事を依頼してくれる人がいるか?


会社に勤めているときは、「会社の信頼 = 自分の信頼」に繋がっている場合があります。

勤務先の会社が持っている人、モノ、金の全てを一旦忘れ、「一個人」として客観的に自分を見た場合に何が残るのか一度自分の資産の棚卸してみましょう。

 

その上で独立して自分が始める商品・サービスを実績0でも買ってくれる人がいるか考えてみましょう。誰かの顔が浮かんだ人は少なくとも自分のファンになってくれている人がいるということです。

 

全く浮かばない場合は時期尚早なのかもしれません。(もちろん綿密な販売計画があれば別です)独立時のソフトランディングを成功させるためにも勤めながら週末起業のような形で準備を進めてみるのも一手です。

 

 

②起業当初は、利益の最大化と、支出の最小化を肝に銘じる

 

会社を5年、10年継続させている人も、「独立当初が一番大変だった」、「資金繰りに困った」という話をよくされます。


それもそのはず。起業当初は人、モノ、金、なにもが無い無い尽くしなわけですから当然相当なパワーが必要です。

 

そしてお金は車のガソリンのようなもので、これがないことには前に進めません。
シンプルですが、とにかく利益を最大化させ、支出を最小化させることが大事です。
今月は儲かったからといって経費をたくさん使っていると後々大変なことになるケースも。。

 


③数値化した目標を立て、進捗具合を定点観測する。

 

目標を立てるのは重要ですが目標は可能な限り数値化し、それを週1、月1など期間を決めて定点観測するとよいでしょう。

 

例えば1カ月で300万円の売上を達成する!という目標を立てた場合、どういう商品でいくら売り上げるのか。そしてその商品を売るためには、何人に買ってもららう必要があるのか、そしてそのためには何人に会う必要があるのか、といった具合です。

 

目標を数値化し、どんどん掘り下げていくと「行動レベル」に落とし込めるので、やるべきことが明確になりますし、どの部分に問題があり、どのぐらい数値を向上させれば目標に近づくのかが管理しやすくなります。

 


④キラーカードを持つ


ここでいう「キラーカード」というのは要は差別化できるものということになりますが、「これだけは他には負けません」というのを持っておくことが大事です。

 

差別化できるものはなんでもよいと思います。「どこよりも早く対応(納品)します」でもいいでしょうし、「この分野のこの部分については他社には負けません」「この技術を持っているのは日本で弊社だけです」などでもよいでしょう。

 


⑤最低1年間は食べていけるだけの貯金を用意しておく


万全の備えで臨んでも計画通りにいかないのが起業当初です。半年で利益が○○○万円の予定が実は0円という可能性も0ではないかもしれません。そのためにも1年間ぐらいは食べていけるだけの軍資金は用意しておくとべストです。

 


いかがでしたでしょうか?
これから独立を考えている方は参考にしてみて下さい。