jp STAFF’s diary

サービスオフィススタッフのゆるいブログ

ベンチャー企業・スタートアップに人気の人材採用サービス4選

4月に入り、街では新卒入社と思われる人たちをよく見かける時期になりました。そのような中、中途採用は引き続き継続中という会社も多いと思います。

 

「企業は人なり」という松下幸之助さんの言葉を引用するまでもなく、少人数組織でビジネスを進めるベンチャー企業にとっては人材採用は生命線ですよね。

 

その一方で、知名度が低いベンチャー企業における人材採用はなかなか大変なのも事実。


職種によっては特に競争は激しく、例えば最近ではエンジニアへの需要は特に高いため、自社に採用してもらおうと思うと、大企業による年棒・福利厚生等での好条件とは異なる切り口で自社をアピールしていく必要もあ ります。

 

そこで今回は、ベンチャー企業・スタートアップに人気の人材採用サービスを紹介したいと思います!


もし人材採用をお考えで、まだ利用したことのないサービスがあれば参考にしてみて下さい。

 

■Wantedly(ウォンテッドリー)

f:id:jpSTAFF:20160418054350p:plain

 

ベンチャー企業では利用者の多いwantedly(ウォンテッドリー)。特にIT系人材をお探しの方には相性の良いサービスです。


既存の大手人材採用サイトによくある年棒や福利厚生などの基本情報よりも、どちらかといえばやりがいや社風などをメインとした採用ページになっています。

 

最短当日から掲載可能で無料プランも用意されているため気軽に始められるのが特徴です。2015年6月には日本経済新聞社とも提携し今後更に利用者が増えそうな注目の人材採用サービスです。

 

>>wantedlyのサイトはこちら

 

 

■ビズリーチ

f:id:jpSTAFF:20160418054407p:plain

 

経営幹部やマネジメント層の採用に特化した人材採用サイトです。

 

ビズリーチには経営幹部を担う求職者ユーザーが多数登録しているため、ある程度ビジネスも伸びてきてそろそろ将来を見越して会社の経営を担ってく れる層を探したい、という際に使えるサービスです。

 

>>ビズリーチのサイトはこちら 

 

■サンカク

f:id:jpSTAFF:20160418054430p:plain

サンカクはリークルートキャリアが始めた人材サービスです。


基本コンセプトとして「今の会社を辞めずに複業として自社以外の会社に参画してみる」というのがあるため、登録者は例えば勤務先の会社を退社した後、あるいは土日などを利用して別の会社の仕事に携わることになります。

 

採用する側の企業も数回の面接だけではどのような人かを見極めるのは困難ですが、大学生の就職前のインターンのようなイメージで、正式ジョインする前に実際に働いてもらうことで採用企業と求職者のミスマッチが減り、入社後のズレがなくなるメリットがあります。

 

>>サンカクのサイトはこちら

 

■レバテックキャリア

f:id:jpSTAFF:20160418054448p:plain

職種特化型の採用サイトもひとつご紹介します。
レバテックキャリアはエンジニア専門の人材紹介サイト。もしエンジニアをお探しなら候補に挙がってくるサービスの1つです。

 

>> レバテックキャリアのサイトはこちら

 

いかがでしたでしょうか?

各サービスそれぞれにコンセプトも異なりますが、使えそうな人材採用サービスがあれば是非活用してみて下さい。

 

【参考情報】

ベンチャー・スタートアップにおすすめの「サービスオフィス

人材採用とセットで検討されることの多いオフィスの問題。
「サービスオフィス.JP」では、港区、千代田区、渋谷区など都心の主要エリアを中心にベンチャー・スタートアップに最適なオフィススペースを紹介しています。

 

会社メンバーの増加とともにオフィスを探されている場合はお気軽にお問い合わせ下さい。サービスオフィス専門スタッフが相談に乗らせて頂きます。

 

>>サービスオフィス.JPのサイトはこちら