読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

jp STAFF’s diary

サービスオフィススタッフのゆるいブログ

【コラム】 最近よく目にするシェアリングエコノミーって何?

テレビや新聞、ネットなどでも目にすることが多くなった「シェアリングエコノミー」という言葉。


どういうものかご存知でしょうか?

日本語に直すと「共有型経済」となりますがいまいちピンときませんよね。
ただ、「シェアリングエコノミー」を元にしたサービスは、実は我々の日常にも溢れており気づかないうちに使っている場合も多いのです。

 


シェアリングエコノミーとは?

総務省の情報通信白書によれば「シェアリングエコノミー」を次のように定義しています。
========================================== 
典型的には個人が保有する遊休資産(スキルのような無形のものも含む)の貸出しを仲介するサービス
========================================== 


つまり…。

所有者がもてあましている資産を貸し出すことで何かしらの経済的利益を得る一方、借りる側は、本来所有すると大きなコストがかかるところを期間などを決めて一時的にレンタルすることで安く使うことが出来る、両者にとってお得なシステムです。

この手のビジネスは「貸し手」と「借り手」を繋げるマッチングビジネスが生まれやすくアメリカ・シリコンバレーを起点に急速に拡大しています。
PwCによると、2013年に約150億ドルの市場規模が2025年には約3,350億ドル規模に成長する見込みだとか。

これからの時代、「所有」から「共有」へ移ると言われたりもしますが、所有者としては使用せず眠らせておくぐらいであれば貸してお金になったほうが良いと考えるのは当然ですし、また借り手としても必要な時に必要な分だけ借りれるのは便利ですよね。

このような双方にとっての利便性の高さから、アメリカだけではなく日本でも広がりつつあります。

 

 

「シェアリングエコノミー」のサービスにはどのようなものがある?

「シェアリングエコノミー」の代表的サービスとして「Uber(ウーバー)」があります。

「Uber(ウーバー)」は、アメリカ生まれの「配車サービス」。
スマホGPSなどのICTサービスを使い、移動ニーズがある利用者とドライバーをマッチングするサービスです。

世界360都市以上で展開し、乗客を運ぶ回数はなんと月間1億回以上。
運営する米国ウーバーテクノロジーズの時価総額は、上場前にもかかわらず、あの日産を上回る約8兆円に迫ります。

その特徴は、ドライバーとしてタクシー免許がない一般の方も登録している点。

Uberのアンケートによると、ドライバーの7割は副業として仕事をしており、中には子供を学校に送った後の数時間をドライバーとして働く主婦や学業の合間にドライバーをしている学生もいるんだそう。

※日本では法律の問題もありタクシー会社と提携して展開。



次に、最近話題のAirbnb(エアービーアンドビー)」が思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。
保有する住宅や物件を宿泊施設として登録、貸し出すことが出来るマッチングサービスで、世界190カ国以上で利用されています。

日本では法律の壁もありいろいろと議論の対象になっていますが、訪日外国人の増加に伴う宿泊施設不足を解消するサービスとして評価する声もあります。

他にも、カーシェアリング、自転車シェアリング、自宅駐車場のマッチングサービスもなども近年認知度を上げてきています。
モノ以外だと、個人のスキルを登録しマッチングする「ココナラ」や「タイムチケット」「ビザスク」なども話題ですね。

 

アイディア次第で大きなビジネスチャンスも!?

自家用車に自宅。軒先の駐車スペース。そして、仕事や趣味で培った得意分野の知識まで。
「シェアリングエコノミー」として活用できるものは多岐にわたります。

目に見えるモノだけでなく「すき間時間」や「眠らせてしまっている技術・能力」に注目することで、何か新しいビジネスが生まれるかもしれません。

あなたのまわりには眠らせてしまっている「何か」はありませんか?

少しのアイディアで、私たちの「あまっているもの」に無限の価値を与えてくれる「シェアリングエコノミー」。
プライベートにビジネスに、大いに活用したいものですね。