jp STAFF’s diary

サービスオフィススタッフのゆるいブログ

【コラム】 《経営者必読!》コスト削減×業務改善に役立つ5分野のサービスまとめ

こんにちは!

 

今回はビジネスのお役立ちコラムです。今後はオフィス体験記と共にお役立ちコラムも定期配信していきますのでお楽しみに!


さて第一回目となる今回は「コスト削減や業務改善に役立つサービス」をまとめてみました。

 

今回紹介する各サービス分野は、経理や通信、オフィスなど企業経営においてはどれも必須のものですが、うまく活用することで「コスト削減」や「業務改善」に繋がるケースがあります。

 

成長スピードを上げたいベンチャー企業の方はもちろん、これから独立・開業する予定の方も是非チェックしみて下さい。

 

では早速いってみましょう!


【経理関連(クラウド会計】

f:id:jpSTAFF:20151214133522j:plain

 

まずは経理関連から。

 

企業にとって避けては通れない分野が「経理関係」です。必ず必要な作業である一方で、専門領域であるが故につまづくケースが多いのもこの分野。

 

最近ではこれらの経理業務もかなり自動化できるようになってきています。

 

クラウド会計」と呼ばれるこれらの分野においては代表的なサービスとしては「freee」がありますが、freeeでは各種クレジットカード、及び金融機関と連携しておりクレジットカードでの決済や、銀行への入出金がある度に自動で記帳され帳簿が出来上がるのです。

 

予め管理画面上でルール設定が可能で、例えばスタバから引き落としがあれば「会議費」と処理すると設定しておけば、スタバでクレジットで決済すればそのルールで自動的に記帳されるのです。

 

今までであれば手作業で入力していたものが自動化されるわけですから経理業務が相当楽になることはいうまでもありません。

 

freeeの料金体系も個人事業主プランが980円、法人プランが1,980円と格安です。

 

クラウド会計サービス》
freee
MFクラウド会計
やよいの青色申告

 

【士業関係(税理士、社労士、司法書士行政書士弁理士)】

f:id:jpSTAFF:20151214135349j:plain

専門的な領域をクラウド化するというサービスは経理関係以外でも出てきています。


例えば、bizer(バイザー)というサービスは、企業経営で発生する「バックオフィス業務」を月額2,980円でアウトソーシングできるというサービスです。

 

通常、士業系の専門家を顧問契約すると毎月3万円、5万円といった顧問料が発生しますが、実際のところ毎月利用しないケースが多いのも事実です。

 

bizerでは、5士業の専門家(税理士・社労士・行政書士司法書士弁理士)に顧問契約をすることなく、月額2,980円で何度でも相談が出来ます。

 

例えば、

 

・社員が増えたらどうすればいい?
社会保険に加入するには?
・社員が業務中に怪我をした

 

など、企業経営の中で出てくる、この場合はどう対応すれば良い?何をどこに提出すればいい?という疑問を相談できるサービスです。

 

立ち上げ間もない企業などで顧問料の捻出は厳しいものの専門家との相談窓口は確保しておきたいという企業にとっては活用したいサービスです。

 

bizer(バイザー)


【通信関係】

f:id:jpSTAFF:20151214134907j:plain

通信関係は毎月発生する固定費であり、業務効率を左右する部分なので是非工夫したい項目の1つです。


《インターネットFAX》


例えば、faxもIT化することで大きな業務改善になります。代表的なインターネットFAXサービスとしてeFaxがありますが、eFaxでは、FAXデータがデジタル化されるので、Fax機が必要ありません。

 

そしてFax機がいらないということは「紙」も「インク」も必要なく大きなコスト削減になります。


インターネットFAXを導入すると「Fax番号」が割り振られますがそのFax番号に相手先が送信するとメールでPDFデータとしてFAXが届きます。

 

ですので外出先でもPCやスマホなどからFax内容を確認することが可能です。またFax送信の際もメールを利用して送信することが出来ますので場所を問わずどこでも送信することができます。

 

外出が多いビジネスマンなどは送信されたFAXの確認のためにオフィスに戻る必要がなく、外出先で送受信ができますのでビジネスをスピーディーに行うことが出来ます。

 

eFAX


《モバイル03電話転送サービス》

スマホの普及よって固定電話を持たない人も増えてきましたが、企業によっては固定電話は信頼性を担保するという意味ではまだまだ必須のツールと言えます。

 

とはいえ、会社によっては「外出先でのワークが中心」「固定回線を引き込むのはコストがかさむ」といった声があるのも事実。


楽天コミュニケーションズが展開する「モバイル03電話転送サービス」では、スマホで「03」などの固定番号を持つことができるサービスで、スマホ経由で、03発信や、03受信をすることが可能です。

 

また費用も初期工事費1,000円、月額利用料1,080円と格安。
※別途転送料金が発生。詳細は公式HPで確認下さい。

 

少人数の会社などでオフィスに誰もいないケースも多いという会社などはこのようなサービスとは相性が良いかもしれません。


モバイル03電話転送サービス

 


アウトソーシング関係(クラウドソーシング)】

 

f:id:jpSTAFF:20151214135822p:plain

クラウドソーシングも近年、急速に利用者が増えているサービスですが、一言でいうと「オンライン上でのお仕事マッチングサイト」です。

 

クラウド」は群衆の意味ですがクラウドソーシングを使うとネットの向こう側にいる大勢のユーザーに仕事を依頼することが可能です。

 

また逆にいうと仕事を受けることも出来ますので、最近では田舎に住みながらクラウドソーシングで仕事を受注し生活をしているという人たちも出てきています。

 

お仕事のジャンルも企業ロゴから、サイト制作、システム開発、チラシ制作、翻訳、イラスト制作など多岐に渡ります。


クラウドソーシングの代表的なサービスとしては、クラウドワークスと、ランサーズがあります。

 

クラウドワークス
ランサーズ

 


【オフィス(サービスオフィスレンタルオフィス・シェアオフィス)】

f:id:jpSTAFF:20151214134718j:plain

オフィスも企業経営においては賢く利用したいものの一つです。

 

一般的なオフィス契約においては敷金が賃料の6~12ヶ月分、また受付や、執務スペース、会議室などの内装費、そしてデスク・チェアなどのオフィス家具の用意等々、莫大な初期費用がかるケースがあります。

 

そのような中、最近では人気のオフィス形態としてサービスオフィスレンタルオフィスが出てきています。

 

サービスオフィスレンタルオフィス)では執務スペースである個室オフィスはしっかりと確保しつつも、常時使うことのない受付や会議室などは複数企業でシェアすることでコスト削減や豪華な内装を実現しています 。

 

またその時々の企業の状態に合わせてオフィスや拡張や縮小もフレキシブルに対応できるのも特長のひとつです。

 

またシェアオフィスもスペースを複数社(複数人)でシェアすることで月額数万円でワークスペースを借りることが出来ます。

 

ロッカーが完備されたシェアオフィスや、登記OKのシェアオフィスもありますので個人業 主や一人会社の方などには非常に相性の良いサービスといえそうです。

 

先日のオフィス体験記で紹介したシナガワサーフィスにもシェアオフィスは用意されています。また個室タイプのサービスオフィスレンタルオフィス)をご検討の方はサービスオフィス.JPで、エリアや広さ、人数などから希望のオフィスを探すことが出来ますので是非チェックしてみて下さい。

 

シナガワサーフィス

サービスオフィス.JP

 


おわりに

いかがでしたでしょうか?

使えそうなサービスがあれば是非チェックしてみて下さい。

このブログでは今後もみなさんのビジネスに役立つようなアイディアやサービスなどを紹介していきたいと思います。