読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

jp STAFF’s diary

サービスオフィススタッフのゆるいブログ

地震に強いオフィスビルとは? BCP(事業継続計画)を意識したオフィス選び

日本で暮らし、働いていく以上、地震や大型台風などの自然災害リスクから逃れることはできません。


いまや多くの企業が条例や世間的な防災意識の高まりを受けて、社員が数日間会社内で過ごせるような防災グッズの備蓄を進めています。

 

また大きなホテルや駅などでも水や食料などを大量に備蓄しているところがあり、2011年の東日本大震災の際にも活用されていました。


最近はサービスオフィス・レンタルオフィスでも、災害への備えをアピールしているところが増えてきています。オフィス選びのチェックポイントの一つに、災害への備えを加えるのもいいですよね。

 

f:id:jpSTAFF:20170425101750j:plain


「新耐震基準の1.5倍の強度」のオフィスビル

一棟丸ごとサービスオフィス(レンタルオフィス)の自社ビルや、ハイグレードな新しいオフィスビルのサービスオフィス(レンタルオフィス)などで、このようなケースがあります。

 

ご存知のように耐震基準とは建築基準法で定められたもので、この基準をクリアしなければ建築が許可されません。日本において、はじめて法律で耐震基準が定められたのは、1924年(大正13年)のことだそうです。関東大震災の翌年ですね。

 

その後、1950年(昭和25年)になると建築基準法が施行されて、そのなかで、いわゆる旧耐震基準が制定されました。それからも大きな地震が起こるたびに改正が行われて、現在の新耐震基準制定ができたのが1981年です。

 

・震度5強程度の地震ではほとんど損傷しない
・震度6から震度7に達する程度の地震でも倒壊・崩壊しない

 

これが、現在も有効な新耐震基準のレベル。


つまり新耐震基準に沿って建築された建物であれば、震度6や震度7でも崩れ落ちるようなことはないわけですね。

 

しかし2016年におきた熊本地震のように震度7が2回も襲ってきたら、どうなの?本当に大丈夫なの?そんな心配が頭をよぎるなら、「新耐震基準の1.5倍の強度」のオフィスビルを探してみてもよいかもしれません。

 

新耐震基準の1.5倍の強度というのは、病院や役所などの、災害時にも機能を失わずに活動できることが求められる建物と同レベルです。

 

オフィスビルの防災設備や防災備蓄

 

f:id:jpSTAFF:20170425101802j:plain

 

「防災倉庫に3日分の備蓄品を準備しています」


こんな案内をしているオフィスビルが増えてきました。


飲料水・非常食・毛布・災害用トイレ・携帯用トイレ・医薬品などのほか、紙おむつや粉ミルクまで備蓄しているところもあります。

 

また、以前はこのような防災備蓄倉庫をビルの地下に設置しているところが多かったようですが、最近は各フロアに分散したり各個室に備蓄するところも。


その理由は、東日本大震災のときに地下から備蓄品を運び出して分配するのに苦労したことだそうです。災害時はしばらくの間エレベーターが使えませんし、するべきことがたくさんあります。


日常的に物資を配布しておけば大仕事が一つ減るわけで、これは実際の経験から学んだ教訓ということでしょう。今では本棚に立てて置けたり、引き出しにさりげなくしまっておけるようなボックス型の防災セットもあり、収納しやすいうえに見た目もきれいなので人気が出ているようです。

 

・衛星電話

災害があると、固定電話や携帯電話はしばらくの間つながらなくなりますよね。通信が規制されることが主な要因ですが、基地局が被害を受けて使えなくなる可能性もあるわけです。その点、衛星電話なら設備が被害を受ける可能性は低いですし、そもそも一つの基地局がカバーするエリアが広いので使いやすいという特徴も。そのため通信規制もあまり行われず、災害に強い電話として認識されています。この衛星電話を災害時用として備えているオフィスビルもあります。

 

・非常用発電機完備 


災害時に帰宅難民になってオフィスにとどまることになった場合、食料や飲料水などとともに不安なのが電気の確保。非常用発電機を備えたオフィスビルなら、オフィス内の最低限の灯りやトイレへの配水もできます。


BCP(事業継続計画)を重視する企業は増えています。
地震などの大災害のときでも事業をできるだけ継続できるように備えておくことは規模企業にとって非常に重要なこと。取引先からの強い信頼感にもつながります。

 

地震に強いハイグレードビルも多数!「サービスオフィス.JP」

f:id:jpSTAFF:20170425102318p:plain

サービスオフィス.JPでは東京都内のサービスオフィスを掲載中。地震に強いハイスペックオフィスビルのサービスオフィスもあり、BCP(事業継続計画)の重視したオフィス選びにも活用頂けます。

 

サービスオフィスの専門スタッフがオフィス選びをお手伝い致します。是非お気軽にご相談下さい。

↓ ↓ ↓ 

>>> サービスオフィス専門ポータル 「サービスオフィス.JP」

 

 

 

サービスオフィス.jp限定 物件別特典情報

 サービスオフィス.jp経由 物件別キャンペーンのご紹介

 

只今、物件別キャンペーンを実施しているオフィスをご紹介いたします。

 

 

↓↓↓ キャンペーン実施オフィス ↓↓↓

<クロスオフィス渋谷、SENQ青山>

 

 

クロスオフィス渋谷  or  SENQ青山  ご成約で

 

 🎀最大5万円ギフト券 プレゼント🎀

 

※賃料20万円~のオフィスご成約 →2万円分ギフト券

 

 賃料30万円~のオフィスご成約 →3万円分ギフト券

 

 賃料50万円~のオフィスご成約 →5万円分ギフト券

 

 

 

対象条件:2017/6月末までにサービスオフィス.jpを経由し、

     クロスオフィス渋谷1年ご契約

     またはSENQ青山1年ご契約された方。

     ※賃料20万円以上の居室対象 (全て税抜価格)

 

 

 

f:id:jpSTAFF:20161110171606j:plain

 

 

f:id:jpSTAFF:20170316151206p:plain

 

 

 

 

この機会をお見逃しなくε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

 

 

 

 

【お問合せ先】

株式会社アクトコール・サーフィス事業部
TEL:0120-6277-1126

 

 

 

サービスオフィス・レンタルオフィスの交流会で拡がるビジネスチャンス

サービスオフィス・レンタルオフィスで開催される交流会ってどういうもの?

最近のサービスオフィス・レンタルオフィスなどでは、入居するメンバーが参加できる交流会やセミナーを開催しています。

f:id:jpSTAFF:20170217165548j:plain

 

「そういえば、ラウンジに来月の交流会の案内が貼ってあったけど・・・」


知らない人と話すのが苦手な人はついスルーしてしまうかもしれませんが、実はそれが起業成功への分かれ道になることもあるのです。


また同じオフィス内にどんな仕事をしている企業やフリーランスがいるのかを知っていれば、必要が生じたときにすぐ相談できるメリットも。日頃から交流会で親しく話していれば、急な相談でも気軽に応じてくれるかもしれません。

 

同じオフィスに集まっているという共通点から生まれた人脈が、やがて予想外のビジネスチャンスにつながった例はたくさんあります。せっかく用意されている場ですから、ぜひ積極的に活用しましょう。


サービスオフィス(レンタルオフィス)の交流会は気軽に参加してみよう!

実際にサービスオフィス(レンタルオフィス)で行われる交流会に参加している人たちに聞いてみると、「単に人と交わることを楽しんでいる」という人が多いです。


サラリーマンであれば新年会や忘年会があったり、人事異動の時期には歓送迎会があったりもします。でもサービスオフィス(レンタルオフィス)に集まっている人の多くは1人とか少人数で仕事をしていますから、そうやって人が集まる場に出る機会が少ないという人もいるでしょう。だからこそ、サービスオフィス(レンタルオフィス)の入居者同士の集まりに顔を出し、純粋に交流を楽しんでいるというのです。 

f:id:jpSTAFF:20170217165621j:plain

 

オフィス運営企業のほうも参加者が円滑に交流できるように工夫していて、自己紹介タイムや名刺交換タイム、談話タイムなどをセットしていたりします。また夜ばかりでなく昼間にランチミーティングを開催することも。


交流会はだいたいオフィス内のラウンジで開催されるケースが多いですが、なかにはオフィスを出て大きな会場を借りて開催する例もあります。ビジネスチャンスがどうだとか、まだ起業したばかりで仕事が軌道にのっていないとか、あれこれ難しいことを考える必要はありません。フランクな飲み会ぐらいに思って、まずは気軽に参加してみてはいかがでしょうか?

 

交流会は頑張っている人から刺激を受けて元気になるチャンス

サービスオフィス(レンタルオフィス)には、さまざまな業種の人がいます。若くして起業した人もいれば、リタイア後にフリーランスとして活躍している人もいます。また勤めていた企業の突然の倒産やリストラされたことが転機となって、独立したという人もいます。


異なる背景や思いをもって頑張っている人の話を聞けば、刺激を受けたり新しいアイディアが生まれたりするものです。

 

また1人で活動しているフリーランスは、孤独感や限界を感じることも少なくないといいます。もちろん1人で仕事をしていても、クライアントや関係先との打ち合わせで人と顔を合わせる時間はあるのですが、それはあくまでも仕事上のこと。


1人を楽しむことに長けている人は孤独が苦にならないのかもしれませんが、仕事の状況や性格によってはストレスが増大する可能性もあるでしょう。そのようなマイナスの感情を解消するために、交流会を利用してもいいと思います。


サービスオフィス(レンタルオフィス)での交流会やセミナーは、人脈を増やすことができる楽しい機会ですので、時間が許す限り、ぜひ積極的に参加されることをおすすめします。


「初めて参加したときはちょっと緊張したけれど、参加してよかったし楽しかった!」
「次の交流会にもぜひ顔を出したいな」


交流会の後では多くのオフィスで、そのような声がたくさん聞かれています。

 

f:id:jpSTAFF:20170217165702j:plain

 

さて、あなたはどのようなサービスオフィスをお探しですか?

 

サービスオフィスもオフィス毎にコンセプトも異なるもの。今回のように交流会を積極的に実施し、入居者同士の交流をはかっているオフィスもあります。

 

都心一等地の駅近オフィスを中心に紹介している「サービスオフィス.JP」では、様々なタイプのサービスオフィスを紹介可能です。是非一度チェックしてみて下さい。

 

また、「このような条件のオフィスを探しているんだけど・・・」という方も是非お気軽にご相談下さい。サービスオフィス専門のスタッフが対応致します!

 

>>> サービスオフィス専門ポータル 「サービスオフィス.JP」

>>> サービスオフィスとは?

 

イヤホンでノイズ調整すれば、もっと仕事がはかどる環境になる!?

出張で飛行機や新幹線に乗って移動すると、頭や目を働かせて運転してわけでもないのに、けっこう疲れます。

たった数時間、ただ座っているだけだったり、ちょっと仕事の資料を読みこんだり読書をしているだけなのに。

人に聞いたり自分で調べたりしながらその原因を探っていたら、騒音が精神的疲労を増大させているらしいことに気づきました。飛行機のエンジン音や電車の振動音がいけないんですね。

f:id:jpSTAFF:20170119213101j:plain

集中したりリラックスするのにベストなノイズレベルは?

ただし、人は無音状態でもストレスを感じるのだそうです。
特別につくられた無響室にでも入らないかぎり、完全な無音空間を経験する機会なんて実際にはありませんけどね。

わたしたちは無意識にでも、耳に入ってきた周囲の音から周囲の状況を判断したり、危険を察知したり、距離感をはかったりしています。

ですから音がなくなると周囲で起こっていることがわかりにくくなり、不安になり、緊張感やストレスが増大するわけです。そのような無音空間のなかでは、当然リラックスも集中もできません。静かすぎる空間よりも 多少の騒音があるくらいがベストだということです。

 

具体的な数字をあげると、集中力が高まって仕事や読書がはかどるのは70デシベルの環境だといわれます。

70デシベルとは、カフェやレストランの店内くらいの騒音レベル。
50デシベル程度の図書館ほど静かではなく、80デシベル程度の電車内ほどうるさくない環境です。

またドイツエンジニア協会が設けたノイズ基準でも、オフィスでのプロセスワークに最適なのは70デシベルと考えられています。

ただし、意思決定・問題解決・発案などの思考を必要とする知的作業をする場合はもう少し静かな環境が必要で、55デシベルと設定されています。

 

イヤホンを活用してノイズレベルを調整すれば、どこでも快適な環境に!

f:id:jpSTAFF:20170119213151j:plain


さきほど、カフェ店内などの騒音レベルとされる70デシベルくらいが、集中したりリラックスするには最適らしいと申しました。ただ、これにはもう少し説明が必要です。

それは、「耳に入ってくる音の音源を脳が分析するのをやめ、自分の作業だけに集中する」ことができる環境であるべきということです。

数値的には同じ70デシベルであっても、自分が関係するかもしれない仕事のことを話している会話が耳に入れば、脳が分析を始めてしまいます。

また自分には関係なくても興味をそそられる会話であれば、どうしても気をとられてしまうもの。これでは集中もリラックスもできませんよね。


このような状況は、オフィス内でもよくあることだと思います。

そこで、どんな場所でも集中力をあげて仕事をはかどらせたいときに役立つのが、イヤホンです。イヤホンでクラッシック音楽を流しながら仕事をすると、気分よくいいものです。


脳のα波を出す効果があるとされるBGMを流すのもいいですよね。
また、カフェ店内や雨音などを再現した環境音を流すという人もいます。

さらに、ノイズキャンセリング機能付きのイヤホンなら、ざわざわした周囲の騒音を、それと同じ周波数の音を発して打ち消してくれます。
キーボードの打鍵音が気になって仕方がないというときも、ノイズキャンセリングイヤホンがあればたちまち気にならなくなるでしょう。


仕事中のイヤホン使用は賛成?反対? サービスオフィスやレンタルオフィスではどう?

f:id:jpSTAFF:20170119213206j:plain

 

一般的には、企業内でイヤホンをつけて仕事をしている人がいたら、あまりよく思われないかもしれません。ときどき雑誌の企画などで仕事中のイヤホン使用についてアンケートが実施されることがあります。

 

賛成派と反対派それぞれの意見はだいたい、いつも同じようです。

 

賛成派

・クラッシック音楽を静かに聴きながら仕事をすると集中できる
・適度にリラックスできるので、いいアイディアが浮かんだり仕事がはかどる
・自分はしないけど、イヤホンを使うことで業務効率があがる人は使えばいいと思う

 

反対派

・イヤホンをしている人には話しかけづらい
・業務中だから私的な行動は慎むべきだ
・電話が鳴っても出ないなど仕事に支障をきたしたり周囲に迷惑をかける可能性がある


傾向としては若い世代のほうが、仕事中のイヤホン使用に対して寛容的なようです。
また企業カルチャーによっても、違いが出てくるでしょう。

 

サービスオフィスやレンタルオフィスでは個人事業主や数名程度の小規模企業が多いこともありイヤホンで音楽を聴きながらお仕事をされる方もいらっしゃると思います。

 

音漏れで周囲に迷惑をかけたり、かかってきた電話に気づかないとか、話しかけられても気づかないなんていうのはよくありませんが、一方で、集中力を高めて作業をはかどらせたり、思考を組み立てるのに役立てられるなら、イヤホンで好きな音楽などを聞きながらお仕事するのはアリですよね。

 

集中できるワークスペースを賢く利用するなら、防音対策もしっかりの「サービスオフィス」を検討してみては?

 

「サービスオフィス」とは、会議室・デスク・チェアなどに加え、受付対応などのソフト面のサービスも備えられた最新のオフィス形態。

一般の賃貸オフィスであれば予算的に駅から離れた雑居ビルを借りらざるをえない、、ということもありますが、サービスオフィスであれば駅近のグレードの高いオフィスビルを安価に借りれたりします。

「サービスオフィス.JP」は、これら「サービスオフィス」のみに絞った専門ポータルサイト。エリアや予算、対象人数、広さなどからあなたにマッチしたオフィスを探すことが可能です。サービスオフィス専門のスタッフがあなたのオフィス選びをサポート致します。是非お気軽にご相談下さい。

>>> サービスオフィス専門ポータル 「サービスオフィス.JP」の詳細詳細はこちら

 

時間が足りないとぼやく人は参考に! 隙間時間の上手な活用法

 

世の中には、「この人はどうしてたくさんのことを成せるのだろう」と首を傾げたくなるような、時間の上手な使い手がいます。

 

f:id:jpSTAFF:20161216105141j:plain


たとえば、世界中を飛び回っているような企業経営者やビジネスマン。年間に何百件もの手術をこなすような凄腕の医師。一年に何冊もの本を出版したり、連載をいくつもかかえている作家さんもそうです。

 

聞くと分刻みのスケジュールが組まれていたりして、ものすごく忙しそう。それなのに、月に10冊とか20冊とか本を読んでいたりします。


もちろんニュースもよく知っているし、雑学のポケットもたくさん持っています。それでいて絵画やら陶芸やらゴルフやらの趣味も、しっかり楽しんでいます。

 

人付き合いもおろそかにせず、夜の会食にも積極的に顔を出します。おまけに、お店に入るやいなや腕時計をはずして、時間を気にせずに楽しもうとする姿を見ることも。

 

それならきっと睡眠時間を削っているのだろう思っていると、「毎日6時間はしっかり眠るのが健康維持の秘訣だ」なんて公言していたりして、ますます不思議です。


1日24時間という条件は誰でも同じなのに、彼らにはいったいどこから時間が湧いてくるのでしょう?いろいろな人の話をまとめてみると、どうもそこには「隙間時間を上手に使っている」という特徴がみえてきます。

 

「忙しくて本一冊が読む時間がなかなかとれない」
「勉強したいけど時間がないんだよね」

 

そんなふうに毎日ぼやいている人は、ぜひ隙間時間活用のヒントを参考にしてみてください。

 

何度も同じような情報チェックをして時間を費やしていませんか?

f:id:jpSTAFF:20161216105121j:plain

 

時間がないと口癖のようにいう人も、自分の行動を改めて見つめてみると、けっこうムダがあるものです。帰宅後に何気なくテレビをつけて、だらだらと惰性で見てしまうというのはその一例。


ほかにも、最新情報の入手を名目にSNSやニュースをスマホなどで頻繁にチェックする人は、本当に必要なのか考えてみましょう。

 

朝、家を出るまでにテレビや新聞で最新ニュースをインプットしたのに、駅で電車を待つ間にふたたび、同じニュースの記事を読んだりしていませんか?


何度も同じ情報を流し読みするくらいなら、駅についてから電車を降りるまでの時間はスマホのかわりに本を開くことをルールにしてみては?


ある有名企業の元経営者はずっと以前から、たった5分であっても駅では本を読むことにしているそうです。

 

もちろん電子書籍派の人は、スマホやタブレットでの読書もあり。ビジネス雑誌を読みたい人も、狭い電車内でも手にしやすい電子版なら、スマホなどで隙間時間に読み進めることができます。


5分のスキマ時間でも6回積み上げれば30分!


さきほど少し触れましたが、時間を上手にやりくりする人は、わずか5分の隙間時間も大切にします。


たった5分だけの読書タイムも、何回も積み上げればまとまった時間になります。通勤や昼間の外出の際の電車待ちの時間、ランチタイムやその他の休憩、待ち合わせ時間など何度もチャンスはあるでしょう。積み上げたら1日30分の読書時間が確保できるかもしれません。勉強だって、そうしてひねり出した1日30分を平日だけでも1カ月続ければ、10時間になります。


デジタル機器を活用すればインプットはどこでもできる!


資料や書籍を読みたいなら、できるだけスマホやタブレットなどのデジタル機器を活用しましょう。


分厚い本のなかで読みたいのは10ページだけ、なんていうときはスキャンして電子化してしまえば、隙間時間に読み終えることができます。また、関心がある情報はいちいち探しに行かなくても勝手に集まるようにしておくのも有効。

 

そのためにメルマガに登録したり、「Googleアラート」を活用している人も多いようです。Googleアラートに気になるキーワードを登録しておけば、関連する新着記事をインターネットから集めてきてくれます。


さらに時刻設定しておけば、毎朝リストにしてメール配信までしてくれるのです。
数十個のキーワードを登録して、常に最新情報を効率よく収集できるようにしている人もいますよ。

 

 

有効に使える時間なら、お金で買うという選択もあり!

f:id:jpSTAFF:20161216105104j:plain

 

本当に忙しい人は、時間をお金で買うこともよくあります。たとえばタクシー。
電車で行ったほうが安いけれどタクシーに乗れば10分早く着く、という場合、迷わずタクシーを拾うのです。


その差は数百円。そうして得た貴重な10分の隙間時間を、有効に使うのです。そのような判断の積み重ねによって1件多く契約が取れたなら、利益はタクシー代の何倍にもなりますよね。


時は金なり。ちりも積もれば山となる。


隙間時間を有効活用できるように、たまには毎日の行動を見つめなおしてみるのもよいのではないでしょうか。

 

毎日通勤するオフィスも見つめてなおしては?

 

時間を大切にする人は、日常生活でも「効率性」を高める事を心がけているようです。例えばオフィスも。

 

毎日通勤するオフィスもアクセスのよい立地、そして駅までの距離が短ければ、通勤時間や、客先訪問の移動時間短縮に繋がります。これらも例えば1日20分でも短縮出来れば平日5日間で100分、20日間では2000分(約33時間)にもなります。

 

都心一等地の駅近オフィスを中心に紹介している「サービスオフィス.JP」

効率的にビジネスを進めたい方はオフィスを見直してみてもよいかもしれません。

 

>>> サービスオフィス専門ポータル 「サービスオフィス.JP」

>>> サービスオフィスとは?

 

サービスオフィス.jp限定 物件別特典情報

 

 

●サービスオフィス.jp経由 物件別キャンペーンのご紹介●

只今、物件別キャンペーンを実施しているオフィスをご紹介いたします。

 

 

↓↓↓ キャンペーン実施オフィス ↓↓↓

クロスオフィス渋谷、アイオス永田町シナガワサーフィス>

 

 クロスオフィス渋谷orアイオス永田町ご成約で

 🎀ギフト券3万円分 プレゼント🎀


対象条件:2017/1月末までにサービスオフィス.jpを経由し、

     クロスオフィス渋谷1年ご契約、またはアイオス永田町3年ご契約された方。

     ※賃料30万以上(税別)の居室対象

 

f:id:jpSTAFF:20161110171606j:plain

 f:id:jpSTAFF:20161110172533p:plain

 

 

シナガワサーフィス家具付きキャンペーン

<1>フリーレント1ヶ月

<2>礼金0 (通常、賃料1か月分)

<3>家具付き

対象:2016/12末  までに1208号室をご契約のお客様限定

 

f:id:jpSTAFF:20161125110825j:plain

 

1208号室(47.20㎡)

賃料:¥595,000(税別)

推奨人数:8~13名

 

 

f:id:jpSTAFF:20161111112201j:plain

f:id:jpSTAFF:20161111112251j:plain

f:id:jpSTAFF:20161111112332j:plain

 

家具無し、お部屋のみご利用をご希望の方は

こちらもキャンペーン対象となります↓↓↓

 

601号室(47.41㎡)

賃料:¥485,000(税別)

推奨人数:8~13名

 

①フリーレント1ヶ月

②礼金0 (通常、賃料1か月分)

 

 

 

 

 

 

この機会をお見逃しなくε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

 

 

 

 

【お問合せ先】

株式会社アクトコール・サーフィス事業部
TEL:0120-6277-1126

 

 

 

できるビジネスマンなら1冊は手元に置いておきたい用字用語のバイブル

文章の表記法に困ったときのバイブルならコレ!

 

ビジネスでもプライベートでも、文章を書いているときに表記法に迷うことってありますよね。

 

「この場合はどの漢字を使うのが正しいのだろうか?」
「送りがなはどうだったっけ?」
「スムース」と書くべきなのか、それとも「スムーズ」と書くべきなのか。
「1ヶ月」と書くべきなのか、それとも「1カ月」と書くべきなのか。
「この言葉は差別用語にあたらないよね?」
「役員人事の記載方法ってこれでいいんだっけ?」

 

いろいろと気にしはじめると「日本語って難しい~!」と頭をかかえるばかりで、なかなか先に進まなくなってしまいます。

 

そんなときのために手元にあると役に立つのが、用字用語集。

 

f:id:jpSTAFF:20161118154404j:plain

 

『朝日新聞の用語の手引き』や共同通信社の『記者ハンドブック 新聞用字用語集』が有名です。


これらの用字用語集は、新聞記者をはじめ、さまざまなメディアに記事を書いているプロの人たちに愛用されています。


しかし文章を正しく適切に書きたいのは、記者さんだけではありません。わたしたちがビジネス文書や仕事上のメールを書くときにも、表記法に迷うことはときどきあります。


インターネットで調べればいいという考え方もありますが、その場合、アクセスしたサイトに記載されていることが本当に信用できるかどうかを判断しなければなりません。

そこで再び迷うくらいなら、最初から用字用語集を見たほうがいいでしょう。


実際に使ってみると、手に取ってさっと調べられるのはとても便利です。

 

おすすめなのは、『記者ハンドブック 新聞用字用語集』。裏表紙に付いている「年齢早見表」も便利です。西暦・和暦・年齢をさっと照合できるのが、とてもいいのです。


オフィスに1冊、自宅に1冊と合計2冊を常備している人や、さらに携帯用の1冊を加えて合計3冊を持っている人もいるぐらいです。


「amazon」などでも簡単に注文できるので、興味のある人はチェックしてみるとよいと思います。



英語圏では『APスタイルブック』の表記が一般的ルールとされている

『APスタイルブック』は、アメリカの放送局や新聞社で構成される協同組合「AP通信」が編集しているスタイルブック。

 

f:id:jpSTAFF:20161118154430j:plain


日本語のそれと同じようにスペリングや大文字・小文字の使い分け、文法などの標準ルールが示されています。


そしてやはり、報道関係者だけでなく一般のビジネスパーソンの間でも広く使われているようです。

 

「Web」と「Internet」はもう古い! 

少し前になりますが2016年6月に、『APスタイルブック』の最新版が発行されました。
そのなかで、私たち日本人もよく目にする「Web」と「Internet」の表記が、「web」と「internet」に改められました。


見てのとおり、頭文字が大文字から小文字に変わったわけです。

 

この変化が意味するのは、この2つの単語が固有名詞から普通名詞になったということ。


早い話、「web」も「internet」も固有名詞としておくような特別なものではなくなり、いまや一般に広く普及したと認められたということです。

 

これからは日本語の文中でこれらの言葉を入れるときも、「web」や「internet」のように小文字で表記したほうがよさそうですね。

 

今回と同じような表記変更の例としては、2011年の「e-mail」から「email」もまだ、記憶に新しいところです。

 

言葉は生き物。これからも、いろいろな言葉が世の中での実態に沿って変わっていくのでしょうね。

 

ビジネスマンなら抑えておきたい!こちらの情報もチェック!

正しい文章・言葉を使えればスマートな印象を与えられます。

そしてオフィスもスマートに借りる時代に。

 

時代の変化とともに、オフィスのあり方も変わるもの。

 

サービスオフィスと呼ばれる最新のオフィス形態では、受付対応や会議室、そしてデスクやチェアなども予め完備されており、入居と同時にすぐにビジネスをスタートできます。 

f:id:jpSTAFF:20161121115650j:plain

 

「サービスオフィス.JP」ではサービスオフィス専門ポータルとして、虎ノ門、銀座、品川、渋谷など東京の一等地を中心にオフィス情報を掲載中です。是非チェックしてみて下さいね。

 

>>> サービスオフィス専門ポータル 「サービスオフィス.JP」

>>> サービスオフィスとは?