jp STAFF’s diary

サービスオフィススタッフのゆるいブログ

サービオフィスやレンタルオフィス・シェアオフィスは「時差ビズ」や「テレワーク・デイ」でもしっかり活用されてます!

「時差ビズ」スタート!時差通勤は今後増えていく!?


2017年7月11日、東京都が提唱するキャンペーン「時差ビズ」がスタートしました。
積極的に時差通勤を実践して、通勤時間の電車の混雑を改善しようというキャンペーンです。

 

f:id:jpSTAFF:20170720134147j:plain

 

今回の「時差ビズ」は7月11日~7月25日までですから、わずか2週間。
それでも260社が参加して、それぞれに通勤時間をずらすための取り組みを行っています。


テレワークによる在宅勤務を導入したり、もともとフレックスタイム制度があった企業がコアタイムをさらに短くしたり。早朝シフトを積極的に推奨している企業もありますし、業務内容に合わせたさまざまな勤務シフトをつくっている企業もあります。

 

キャンペーンは2週間ですが、この「時差ビズ」をきっかけに、たくさんの企業が時差通勤を積極的に実践してくれたらと期待せずにはいられません。


というのも3年後の2020年夏は、東京オリンピックパラリンピックが開催されるのですから。きっと東京の朝の電車なんて、ものすごい混雑率になりそうな予感がします。

 

普段でもピーク時はホームに人があふれているのに、これ以上多くの人が集まったらどうなるのやら…。ましてや車両や信号の点検があったり人身事故があったりして、振替輸送を利用する事態にでもなったら、どれだけ混乱することでしょう。


そんなことを考えると、少しでも朝の通勤電車の混雑を分散してほしい。時差通勤が当たり前の世の中になってほしい、と思ってしまいます。


ちなみに2012年のロンドンオリンピックパラリンピックのとき、ロンドン市内では80%の企業がテレワークを導入していたそうです。

 

f:id:jpSTAFF:20170720134446j:plain


7月24日は「テレワーク・デイ」

2017年7月24日、今度は政府が働き方改革の一環として提唱する「テレワーク・デイ」が開催されます。


「テレワーク・デイ」とは、朝10時30分までの時間帯にテレワークを活用して仕事をしようという取り組み。参加を表明している企業や団体は、すでに750を超えているそうです。


テレワークの方法は自宅での在宅勤務に限らず、自宅以外でのモバイルワークや、サテライトオフィスでの勤務も推奨されています。


1日だけの取り組みですが、2020年7月24日が東京オリンピックの開会式であることから、今後は毎年この日を「テレワーク・デイ」とし、効果の検証が行われます。

 

f:id:jpSTAFF:20170720134521p:plain


サービスオフィスレンタルオフィス、シェアオフィスを活用して時差通勤を実践している企業も!

「時差ビズ」や「テレワーク・デイ」の参加企業の間でも、時差通勤などへの取り組みとしてサービスオフィスレンタルオフィス、シェアオフィスがしっかり活用されています。


なかには、複数のオフィスを契約して、社員が業務する場所を自由に選べるようにしているケースも。朝、企業のオフィスへ出社するかわりに、もっと近いサービスオフィスレンタルオフィス、シェアオフィスへ行って仕事をするというわけです。

 

自宅に近いオフィスを企業のサテライトオフィスとして利用することにより、育児や介護などで時間に制約がある人も限られた時間を有効に使って仕事ができます。


また営業先から本社へ戻るよりもサテライトオフィスのほうが近い場合は、そこで報告書の作成などのパソコンワークをすれば、無駄な移動時間を減らすことができます。育児や介護のような事情がない人も、効率よく仕事をして時間を浮かすことができれば、リフレッシュや体力づくりや自己研鑽のためにあてられますよね。

 
なにがなんでも一律に会社に集うことが仕事ではありませんし、なにがなんでも在宅勤務やテレワークをしたり、シェアオフィスを利用することがよいわけでもありません。


それぞれの企業の業種によっても、またその日その日の業務内容によっても、最適な仕事環境は違うはず。それでも働きかたを変えようという風潮はきっと、これからも拡大していくでしょう。


サービスオフィスレンタルオフィス、シェアオフィスもこれからは、少数企業や個人事業主だけではなく、中小~大企業も積極的に活用する拠点へと変貌するかもしれません。

 

 これからの時代のオフィス形態をお探しなら「サービスオフィス.JP」が便利!

都心一等地の駅近オフィスを中心に紹介している「サービスオフィス.JP」では、様々なタイプの高品質オフィスを紹介可能です。しっかりとした本社機能としてはもちろん、支店・営業所・サテライトオフィスとしても活用できます。是非一度チェックしてみて下さい。

 
また、「このような条件のオフィスを探しているんだけど・・・」という方も是非お気軽にご相談下さい。(相談料や仲介手数料はかかりません)
サービスオフィスの運営経験のある専門スタッフが様々な要望に対応致します!

↓ ↓ ↓ ↓ 

>>> サービスオフィス専門ポータル 「サービスオフィス.JP」

>>> サービスオフィスとは?

サービスオフィス訪問記~青山一丁目~

今回は青山一丁目より徒歩1分、2017年2月にOpenした「SENQ青山」をご紹介します。

 

青山一丁目駅はもちろん、乃木坂駅信濃町駅も徒歩圏内なので3駅5路線利用可能。

「港区南青山」というアドレスは魅力的ですね。

 

この場所には、かつてクリエイターズビレッジをコンセプトとしたコンバージョンビル「ラティス青山」が存在しました。当時の写真はこちら。

f:id:jpSTAFF:20170706161426j:plain

 

 

その「ラティス青山」の記憶を受け継ぎ、新しい「ラティス青山スクエア」として新築ビルがOPENしました。

f:id:jpSTAFF:20170706161633j:plain

 

こんなところに以前の面影が表現されています。

f:id:jpSTAFF:20170706161701j:plain

 

それではSENQ青山の近隣情報をクローズアップしていきます。

 

・郵便局、銀行が近い

ビルから徒歩1分圏内の場所に三菱東京UFJと郵便局があります。

近くにあるとなにかと便利ですね。

 

f:id:jpSTAFF:20170706173317j:plainf:id:jpSTAFF:20170706173332j:plain

 

・ランチスポットが多い

周辺の飲食店はもちろん、駅ビルの「青山ツインタワー」など、お弁当がたくさん販売されています。

こ~んなに!どれにするか迷ってしまいますね。

f:id:jpSTAFF:20170706174332j:plain

f:id:jpSTAFF:20170706174342j:plain

f:id:jpSTAFF:20170706174353j:plain

f:id:jpSTAFF:20170706174458j:plain

f:id:jpSTAFF:20170706174404j:plain

 SENQ青山には「オープンエアオフィス」と呼ばれているフリースペースがあります。

居室と会議室をつなぐ場所にあり、外に面しています。

もちろん作業・打ち合わせ可能。

また、飲食が可能なので心地よい風にあたりながらランチもできるんです♪

 部屋で匂いのするものを食べるのは抵抗がありますもんね~。

 

f:id:jpSTAFF:20170714140422j:plainf:id:jpSTAFF:20170714140453j:plain

共用部に電子ケトルや電子レンジがあるのも便利ですね(*^▽^*)

即席スープも用意して美味しくいただきました。

 

f:id:jpSTAFF:20170714141032j:plain

 

f:id:jpSTAFF:20170714160639j:plain

 以上、青山レポートでした。

是非一度内覧を^^

 

SENQ青山の詳細はこちら

【青山】キャンペーン

今なら❕

 

ご契約時に1ヵ月分相当の特典

 

+ご内覧、ご検討、お申込頂くと更に特典があります✨

 

(詳しくは内覧の際にご説明致します)

 

 

f:id:jpSTAFF:20170712144007p:plain

 SENQ青山

まずはお問合せください👩

 

サービスオフィス.jp

📞03‐6277-1126

 

【渋谷】キャンペーン

今ならなんと❕

 

クロスオフィス渋谷のご契約でフリーレント2ヶ月🙌

(~9月中の契約締結に限り)

 

f:id:jpSTAFF:20170712105515j:plain

 

クロスオフィス渋谷

 

 

詳しくはこちらまで↓↓

📞03-6277-1126

 

📖仲介手数料無料🙊

当サイト「ServiceOffice.jp(サービスオフィス.jp)」から内覧、お申込、ご成約頂いた場合、手数料0円✨

 

サービスオフィス専門スタッフが条件交渉~契約までお手伝致します。

是非お気軽にお問合せ下さい👱

 

 

f:id:jpSTAFF:20170704165804p:plain

オフィスライフを楽しくするお役立ちUSBグッズ

ちょっとしたアイテムでオフィスライフも快適になる!

 

あってもなくても構わない、ちょっとした小物。でもそんなグッズが、毎日のオフィスライフに小さな喜びをもたらしてくれたりするものです。

 

今回はオフィスライフを楽しくしてくれるUSBグッズを、いくつかご紹介します。

 USB扇風機

 

f:id:jpSTAFF:20170614111137j:plain

 

個別空調付きのサービスオフィスではお部屋ごとに温度設定を変えられるので、快適です。でも、もっと近くで風を感じたいときってあると思います。

 

朝、窮屈な通勤電車から開放されてようやくオフィスについたとき。
暑い季節の昼間、外出先からオフィスに戻ってきて汗が噴き出しているとき。
ちょっと匂いがキツイお弁当を個室内でひろげてしまったとき・・・。

 

そんなときに便利なのが、USB扇風機です。1,000円~2,000円くらいで購入できます。
小さな羽でもけっこう強い風を吹かせてくれるので、1台あると、とっても便利。音も静かで気になりません。
パソコンにつないでもいいのですが、モバイルバッテリーにつないで使うこともできます。クリップがついていて、デスクをはさんで固定できるようになっているものもありますよ。


USBアロマディフューザー

f:id:jpSTAFF:20170614111304j:plain

 

いつも効率的にお仕事を進めるためには、メリハリをつけることが大切。
忙しいときでも定期的にちょっと休憩してリフレッシュすると、またパワー全開で働けたりするものです。


リフレッシュタイムには、コーヒーや紅茶を片手に、そしてもう一方の手にはクッキーでも・・・といきたいですが、毎日だとカロリーや血糖値が気になってしまいます。
そんな人におすすめなのが、USBアロマディフューザー。

 

香りによる心地よい刺激が、頭をほどよくリフレッシュさせてくれます。価格は1,500円~2,500円くらい。


使い方は簡単で、オイルパッドにお好みのアロマオイルをを数滴たらして、パソコンのUSBポートにつなぎ、スイッチを入れるだけです。
スティックタイプのもの、ミストを発生させる加湿器タイプのもの、美しいライトが点灯するものなどバリエーションも豊富。い~い香りが漂って、気分良くなりますよ!
疲れが溜まってちょっと体がだるいけれど頑張らなくちゃ!なんていうときにも、おすすめです。


USB加湿器

f:id:jpSTAFF:20170614111430j:plain

 

喉が痛かったり、いがらっぽかったして、風邪ぎみかも・・・と感じるとき。
冬の乾燥した空気のせいで肌が荒れてしまってガサガサ、パリパリなとき。
夏の強い紫外線による刺激や空調のせいで、肌が弱ったり乾燥しているとき・・・。

 

そんなお悩みの解消法としておすすめなのが、USB加湿器です。


水を入れたペットボトルを逆さまにして加湿器にセットするタイプや、コップなどに水を入れて、その中に加湿器を浮かべるタイプなどがあります。
LEDライトを搭載しているタイプも。夜のオフィスで個室の電気を消せば、USB加湿器のライトだけが光る神秘的な空間になります。
価格は1,000円~3,000円くらい。いろんなデザインがあります。
容器に入れた水がなくなったら自動的に電源をオフにする機能がついている商品のほうが、安心です。

ただしUSB加湿器の使い方で気をつけたいのは衛生面です。容器を不衛生にしていると、蒸気と一緒に雑菌を撒き散らしてしまうことに・・・。
容器をこまめに洗えばいいのですが、お手入れが苦手な人は、水に加湿器を浮かべて使うタイプのものを選びましょう。
紙コップに水を入れて使い、その紙コップを毎日取り替えれば衛生的に使用できます。


USB掃除機

 

f:id:jpSTAFF:20170614111516j:plain

 

デスク周りってけっこう、埃や小さなゴミがたまります。キーボードの隙間も、油断しているとすぐに汚くなってしまいますよね。
そこでUSB掃除機をデスクに1台備えておくと、便利なのです。価格は1,000円~3,000円くらい。

USB充電式で小さいのに、意外にもパワーはそこそこ強くてびっくりします。

強いといっても大きなゴミは吸い取れないのですが、埃やパン屑などはしっかり吸い取ってくれます。使いたいときにサッと出して、パソコンやデスク周りをいつもきれいにしておきましょう!
かわいいデザインのUSB掃除機もありますから、アクセサリーのような感じでいつもデスク上に置いてもいいと思います。

 
最近はいろんなUSBグッズが販売されています。
たまには息抜きに、家電量販店やネットショップなどを眺めてみてください。
お仕事が楽しくなるお気に入りのお役立ちグッズが見つかるかもしれませんよ!

 

快適なオフィスライフは、充実したオフィススペースから

都心一等地の駅近オフィスを中心に紹介している「サービスオフィス.JP」では、様々なタイプの高品質オフィスを紹介可能です。是非一度チェックしてみて下さい。

 
また、「このような条件のオフィスを探しているんだけど・・・」という方も是非お気軽にご相談下さい。(相談料や仲介手数料はかかりません)
サービスオフィスの運営経験のある専門スタッフが様々な要望に対応致します!

 

>>> サービスオフィス専門ポータル 「サービスオフィス.JP」

>>> サービスオフィスとは?

 

 

 

地震に強いオフィスビルとは? BCP(事業継続計画)を意識したオフィス選び

日本で暮らし、働いていく以上、地震や大型台風などの自然災害リスクから逃れることはできません。


いまや多くの企業が条例や世間的な防災意識の高まりを受けて、社員が数日間会社内で過ごせるような防災グッズの備蓄を進めています。

 

また大きなホテルや駅などでも水や食料などを大量に備蓄しているところがあり、2011年の東日本大震災の際にも活用されていました。


最近はサービスオフィス・レンタルオフィスでも、災害への備えをアピールしているところが増えてきています。オフィス選びのチェックポイントの一つに、災害への備えを加えるのもいいですよね。

 

f:id:jpSTAFF:20170425101750j:plain


「新耐震基準の1.5倍の強度」のオフィスビル

一棟丸ごとサービスオフィス(レンタルオフィス)の自社ビルや、ハイグレードな新しいオフィスビルのサービスオフィス(レンタルオフィス)などで、このようなケースがあります。

 

ご存知のように耐震基準とは建築基準法で定められたもので、この基準をクリアしなければ建築が許可されません。日本において、はじめて法律で耐震基準が定められたのは、1924年(大正13年)のことだそうです。関東大震災の翌年ですね。

 

その後、1950年(昭和25年)になると建築基準法が施行されて、そのなかで、いわゆる旧耐震基準が制定されました。それからも大きな地震が起こるたびに改正が行われて、現在の新耐震基準制定ができたのが1981年です。

 

・震度5強程度の地震ではほとんど損傷しない
・震度6から震度7に達する程度の地震でも倒壊・崩壊しない

 

これが、現在も有効な新耐震基準のレベル。


つまり新耐震基準に沿って建築された建物であれば、震度6や震度7でも崩れ落ちるようなことはないわけですね。

 

しかし2016年におきた熊本地震のように震度7が2回も襲ってきたら、どうなの?本当に大丈夫なの?そんな心配が頭をよぎるなら、「新耐震基準の1.5倍の強度」のオフィスビルを探してみてもよいかもしれません。

 

新耐震基準の1.5倍の強度というのは、病院や役所などの、災害時にも機能を失わずに活動できることが求められる建物と同レベルです。

 

オフィスビルの防災設備や防災備蓄

 

f:id:jpSTAFF:20170425101802j:plain

 

「防災倉庫に3日分の備蓄品を準備しています」


こんな案内をしているオフィスビルが増えてきました。


飲料水・非常食・毛布・災害用トイレ・携帯用トイレ・医薬品などのほか、紙おむつや粉ミルクまで備蓄しているところもあります。

 

また、以前はこのような防災備蓄倉庫をビルの地下に設置しているところが多かったようですが、最近は各フロアに分散したり各個室に備蓄するところも。


その理由は、東日本大震災のときに地下から備蓄品を運び出して分配するのに苦労したことだそうです。災害時はしばらくの間エレベーターが使えませんし、するべきことがたくさんあります。


日常的に物資を配布しておけば大仕事が一つ減るわけで、これは実際の経験から学んだ教訓ということでしょう。今では本棚に立てて置けたり、引き出しにさりげなくしまっておけるようなボックス型の防災セットもあり、収納しやすいうえに見た目もきれいなので人気が出ているようです。

 

・衛星電話

災害があると、固定電話や携帯電話はしばらくの間つながらなくなりますよね。通信が規制されることが主な要因ですが、基地局が被害を受けて使えなくなる可能性もあるわけです。その点、衛星電話なら設備が被害を受ける可能性は低いですし、そもそも一つの基地局がカバーするエリアが広いので使いやすいという特徴も。そのため通信規制もあまり行われず、災害に強い電話として認識されています。この衛星電話を災害時用として備えているオフィスビルもあります。

 

・非常用発電機完備 


災害時に帰宅難民になってオフィスにとどまることになった場合、食料や飲料水などとともに不安なのが電気の確保。非常用発電機を備えたオフィスビルなら、オフィス内の最低限の灯りやトイレへの配水もできます。


BCP(事業継続計画)を重視する企業は増えています。
地震などの大災害のときでも事業をできるだけ継続できるように備えておくことは規模企業にとって非常に重要なこと。取引先からの強い信頼感にもつながります。

 

地震に強いハイグレードビルも多数!「サービスオフィス.JP」

f:id:jpSTAFF:20170425102318p:plain

サービスオフィス.JPでは東京都内のサービスオフィスを掲載中。地震に強いハイスペックオフィスビルのサービスオフィスもあり、BCP(事業継続計画)の重視したオフィス選びにも活用頂けます。

 

サービスオフィスの専門スタッフがオフィス選びをお手伝い致します。是非お気軽にご相談下さい。

↓ ↓ ↓ 

>>> サービスオフィス専門ポータル 「サービスオフィス.JP」